4)生まれて初めて知った『食事法』

新食養療法

さて、

私は、この情報サイトで何を発信して行こうとしているかと言うと、

私が今までに出逢った

『スーパー食事法』

『物の見方』

『考え方の優先順位』

『サプリメント』

『子育て法』等、なのですが、

半世紀以上、生きて来たので、
たくさんの失敗やたくさんの出逢いがありました。

その中で、後世にも伝えたいと思えるものを少しずつ、書き足して行きたいと思って、このサイトを立ち上げました。

line

まずは、私が20代の頃に出逢った『食に関する考え方』

を書いておきます。

子供の頃は、私は、親から「勉強に専念するように」との事で、お手伝いを殆どした事がなく育ちました。

親元に居る時はそれで事足りていましたが、高校を卒業すると、私は、親元から離れ、遠く、カナダのモントリオールに行く事になりました。

そこでは、ドイツからカナダに移民して来た家族がホストファミリーになって下さって、人生初の親元から離れた生活が始まりました。

その後、大学に通うには、ちょっと遠かったので、フランス文学の教授のお家を間借りして、
自炊生活が始まりました。

お料理をした事がなかった私は、食事に困りました。

同じ間借りしている学生達を見習いながら、見よう見真似で、お料理しましたが、なかなか上手く出来ませんでした。

その頃から、
『人間は、どうして、食べなくては、
 生きて行かれないんだろう?』
と考えるようになりました。

まだ、10代の私は、お料理を作るのが大変で、生野菜をそのままかじっていた時期もありました。

大学4年間は、そのような食生活にもかかわらず、大病もせずに、無事卒業出来ました。

若い時は、食生活が貧弱でも、そこそこ乗り越えられる体内エネルギーと還元力があるようです。

でも、そのような食生活をずっとしていたら、子孫を残せる身体ではなくなっていただろうと思います。

本人は、それでも生きて行かれるかもしれないけれど、子孫を残せる栄養はなかっただろう・・・と思います。

例え子孫を残せたとしても、病弱な子か奇形児か・・・まともな身体で生まれて来てくれるかどうか・・・。

しかし、私は運よく、

そのような時に、ある本に出逢ったのでした。

それは、前にも書きましたが、『桜沢如一氏の本』でした。

桜沢氏の物の見方、その土台が、陰陽学、無双原理

でした。

その物の見方は、

人生のあらゆる面で活用出来、食事法もすべて網羅されていました。

それからというもの、
桜沢氏の本を手当たり次第、買いまくり、読みあさりました。

そして、桜沢氏の推奨している食事法
自らの身体を通して、人体実験する事にしたのです。

(参照ブログ:不思議な事に、私のコンプレックスが、私が探している道を示してくれた。

その食事法は、7段階あり、
1号食〜7号食まで分けられていました

一番難しいけれど、一番シンプルなのが、7号食でした。

私は、早く結果を知りたかったので、
そんなに素晴らしい食事法なら、最初っから7号食を試してみようと思い、7号食に挑みました。

その本に出逢ったのは、カナダから帰国して、まもなくでしたので、私が20代前半の頃でした。

運が良かったとつくづく思います。

桜沢氏の陰陽学で私の身体を観たら、私は、完全な陰性な身体でしたから・・・。

そのまま、結婚していたら、子供は、病弱か・・・何らかの病を持って生まれて来ただろうと思います。

アトピーになっていたか・・・
虚弱体質で生まれてきたか・・・
花粉症で悩まされたか・・・
抵抗力の弱い子として、生まれて来ただろうと思います。

本当に、私は、運が良かった。

独身の時に、

桜沢氏の本

に出逢えて、

東洋医学の哲学

東洋医学の哲学 最高判断力の書 /日本CI協会/桜沢如一 9784889210057 【5,980円以上御購入で送料無料】 (23)

価格:2,160円
(2018/9/25 21:47時点)
感想(0件)

無双原理・易 

無双原理・易 新編集版 桜沢如一 サンマーク出版

価格:1,728円
(2018/9/25 22:13時点)
感想(0件)

健康の七大条件

健康の七大条件 正義について 復刻/日本CI協会/桜沢如一(1893-1966) 9784889210217 【5,980円以上御購入で送料無料】 (23)

価格:1,080円
(2018/9/25 21:57時点)
感想(0件)

魔法のめがね

魔法のメガネ 桜沢如一 日本CI協会

価格:1,296円
(2018/9/25 22:04時点)
感想(0件)

永遠の少年

永遠の少年 桜沢如一 日本CI協会

価格:918円
(2018/9/25 22:03時点)
感想(0件)

等・・・

人生を学んでいました。

そして、自分の身体を実験台にして、人体実験を試みました。

陰陽学の考え方の中でも、特に食事法に関しては、そのパワーに感動しました。
自分の道が開けて行った感じがしました。

自分が今までずっと探していた『青い鳥』に出逢えた気分でした。

7号食は、母の協力のもと、実践する運びとなりました。

何しろ、お料理が苦手な私でしたから、
簡単な食事法が、一番、魅力でした。

その内容は、

玄米(無農薬且つ有機農法のもの)
味噌汁(味噌は豆麹のもの)
糠漬け
【条件】一口、100回噛む事

これだけです。

シンプルでいいです。

だけれど・・・今までの食歴が邪魔をして、なかなか、こんなにシンプルな食事なのに、
実行するのは難しいのです。

特に、当時は、

『白砂糖の毒性』やら、『アルミの毒性』

など、水面下で囁かれていましたから、その情報をゲットした私は、家にあった「白砂糖」は、すぐ、捨てました。

若いって、行動力が素晴らしいものがあります。

周りとの協調など、考えもせず、

即廃棄!

祖母や母に、叱られました。

食べ物を粗末に扱うって・・・。

でも、身体に悪いものを食したら、
本末転倒になると力説しました。

祖母は、「昔から、白砂糖は使って来たものだから・・・」と私の行動を咎(とが)めました。

それでも、20代の私は、お構いなしでした。

周りの人の気持ちは、優先順位の下の方にありました。

当時の私の優先順位は、「健康な身体」でしたから・・・。

そうなると、
身体に悪いとなると、容赦なく廃棄でした。

若い時って、辛い経験が少ないだけに、他人の気持ちを配慮する事に欠けるようです。

結構、平気で他人の生活圏を脅かして
自分の尺度でもの申してしまいがちに・・・。

当時の私も、そうでした。

大人からしたら、
まだ、世間の酸いも甘いも分からない小娘が、ちょっと、知識をかじったからって・・・
今まで祖母や母が使って来た調味料を
有無を言わせず、即捨ててしまったのですから・・・。

それは、それは、反感をかいました。

それでも、母親って、しぶしぶ私の言う事を
聞き入れてくれたのでした。

親って、子供には妥協してくれるものなのでしょうか・・・。

今、思うと、とても有り難かったです。

私は、人の心のケアーをすることなく、
身体に良くないからって、長年使っていた調味料を全部捨ててしまったのですから・・・。

何という、子だった事でしょう。

若者って、前に進む力が凄いです。

だから、新しいものを生み出す力も
新しいものに突き進む力も

若者には備わっているのですね?

ただ、それにより、心傷ついたり、悲しい思いをしたり、周りの人達が辛い思いをしている事も、多々ありますね?

前に進むって、
そう言う勢いと、周りを巻き込む不届きな行為との両方が混ざっている事を忘れてはいけないと思う今日この頃です。

祖母も母も、今までの調味料を全部捨てられてさぞや、辛かっただろうと思います。

しかし、そういう中でも、
一生懸命、私なりに説明して、
『いかに、白砂糖が身体を害するか』を力説した事か・・・。

気付いたら、それからと言うもの、
我が家からは、白砂糖の存在が無くなりました。

今では、白砂糖がないのは当たり前になっています。

母にその頃の話をしても、

『あら、そうだったかしら・・・?』って、極端な捨て方をした私に怒りまくっていた事など、覚えていないようです。

それよりも、当然のように、「白砂糖を使わなくなった」ように思っていましたので、私はビックリしました。

人間って、そんなもん? なのでしょうか?

あれだけ、対抗した私の努力は、一体何だったのでしょう?

今は、調味料は、古式醤油から始まり、日本古来からの作り方で出来たものを使っています。

酢も、味噌も、みりんも、塩も・・・。

安いからと、手を出す買い物ではなく、
健康を考えた食材を選ぶようになっているようです。

そのようなエピソードがあり、私は、20代前半から食に関して、気をつけるようになりました。

そして、結婚してからも、私は、桜沢式を取り入れてお料理をする事になりました。

運良く、桜沢如一氏の考えを推奨している人と巡り逢え、その方と結婚出来たので、陰陽学をベースにして子育てをしました。

食材も、調理法も、基本、『陰陽学』

でした。

お陰様で、子供達は、とても元気に育ちました。

何の大病もせず、
元気にスクスクと育ってくれた事が

私の自慢となりました。

お医者さんにお世話になることなく、

桜沢如一の『新・食養療法』(赤本=家庭医学書のようなもの)を活用させて頂いたお陰で、4人の子供達は丈夫に育ちました。

新食養療法

新食養療法 桜沢如一 日本CI協会

価格:2,160円
(2018/9/25 22:21時点)
感想(0件)

大人になった子供達を観ると、
やはり、桜沢氏の『陰陽学』
素晴らしいと思います。

子育てをする前に、桜沢如一氏の本に出逢えて、本当に良かったと思います。

これから、子育てするパパ・ママには、

桜沢氏の物の見方を学ぶ事は、人生の大きなチャンスだと私は思います。

食事法を何も知らないで、子育てするのと、陰陽学を知って、食生活を工夫するのとは、人生が大きく変わります。

人生、なにより、

健康で、元気が一番です。

line